犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談犬は良いものは自分で分かる!(弁膜症の子)

犬は良いものは自分で分かる!(弁膜症の子)

犬はパブロフの条件反射で有名ですが
自分に良いもの、体に良いものは
自分で分かるのでしょうか・・?

そんなお便りです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●20年9月28日のお便り

おはようございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

留守にしてましたので土曜日に取りに行き
早速飲ませています。

別に嫌がる事もなく普通に食べてくれてます。
少し様子を見たいと思ってます。

ありがとうございました。


●20年9月30日のお便り

パンフェノン様

お返事遅くなり申し訳ありません。

元々何も弁膜症の症状が出ていない状態でしたが、
パンフェノンは引き続き飲ませようと思います。

ばりばり食べてくれるので助かります。

次回の検診の時に血圧も下がってくれればいいのですが・・・・
病院の薬で少しは下がってきているのですが・・・

今以上に良くなってくれるようにしたいです。

今朝FAXで購入申し込みしましたので宜しくお願いします。

●20年10月14日

おはようございます。

パンフェノンですが朝晩続けて飲んでいます、
入れ物をカシャカシャ音をさせると飛んで来ますよ。

来月位に一度病院へ検診に連れて行こうと思っています。

偶然にもこのパンフェノンを購入してる人が同じ会社の東京の人でした。
それも私と同じ部でよくわんこの話をしてて知りました。

又、病院での結果をお知らせしたいと思います。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談犬は良いものは自分で分かる!(弁膜症の子)