犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談シーズーの心臓病(僧帽弁閉鎖不全)にはやはり効果がある!

シーズーの心臓病(僧帽弁閉鎖不全)にはやはり効果がある!

小型犬、シーズーには心臓病のコが多くいます。
体験談はものすごくたくさん頂き、嬉しい限りです。

医学的に証明するために
日本獣医生命科学大学の内科学教室
心臓専門の小山先生と協同研究を行っています。

医学的に証明するのが私どもの仕事と思っております。
全国の先生が自信をもって「パンフェノン」を処方できるために。

●20年6月2日のお便り

スケアクロウ  大川様

はじめて、メールします。
4月25日からパンフェノンSとパンフェノンを飲ませています。
別のところで買ったのですが、こちらの体験談を読み、相談にのって頂きたいのですが、大丈夫でしょうか?

愛犬は、シーズーとラサ・アプソのミックスでオス(去勢なし)
7歳8ヶ月、体重は4.65kgです。
4月19日に、心雑音のためレントゲンを撮りました。
心臓の左側が大きくなっており、肺に血液の逆流があるとのことでしたが、
まだ薬は飲まなくてもよいと言われました。

とても心配で、パンフェノンを見つけ4月25日から飲ませています。

1ヶ月後の聴診で雑音は前回と変わりなしとのことでしたが、
咳が出始め、5月30日に心電図をとり、僧帽弁閉鎖不全と左心室?の肥大と言われました。

その日から、
ACE阻害剤エースワーカー0.5を処方され一日一回一錠を朝に飲ませ始めました。

パンフェノンは朝8時にSを1錠、昼と夕方にパンフェノンを1錠ずつ、夜9時にSを1錠
飲ませています。

朝方に1,2回と興奮したときに少し咳がでます。
とても心配です。

まだ、薬も始めたばかりなので効果がわかりません。
病院の先生からは心臓が大きくなってるから5段階の3〜4位と言われ、
とてもショックです。

今すぐどうこうということはなく、何年も薬を飲んでる子もいるから、
とのことですが毎日不安です。

長くなってしまってすいません。
パンフェノンの効果を期待しています。
アドバイスをよろしくお願いします。

○○ ○○


●翌日の6月3日のお便り
スケアクロウ  大川様


返信、ありがとうございました。

体験談の中に、夜の方が効き目があるというのを見ましたので、
朝にパンフェノンSを1錠、3時頃にパンフェノン1錠、
夜にSとパンフェノンを1錠ずつ
飲ませてみようと思います。

そのままでは食べないので、ササミにくるんであげています。

これからも、よろしくお願いします。

●20年6月30日のお便り
スケアクロウ様

お世話になっております。

弁膜症と心肥大で、4月末からパンフェノンSとパンフェノンを飲み始め、現在、3本目に入ったところです。
シーズー、ミックス  4.6Kg オス 7才)

6月27日に血液検査をしました。(エースワーカー0.5を飲み始め1ヶ月のため)

GPTが119とコレステロールが335で高かったのですが、
パンフェノンは飲みすぎ
の影響とかはありますか?
(朝、S1錠  3時、パンフェノン1錠  夜、S1錠、パンフェノン1錠飲んでいます)

私は、この1ヶ月の間に、狂犬病注射、足のケガでコンベニア注射、
フィラリアの薬、フロントライン、心臓の薬、胃の薬(吐いた時)などが
重なったせいではないかと思っています。


フードは、アズミラとソリッドゴールドを混ぜて食べています。


病院の先生には、散歩のときに草などに気を付け、
排気ガスの多いところなどに行かないようにと言われました。

5月の検査でもGPTは86あり、病院に来たことなどで
上がる子もいるので心配ないと言われています。

心電図を2回とりましたが、リズムがいいと言われました。
この間の聴診でも、リズムもいいし、雑音もひどくなってないのでレントゲンは
来月になりました。


パンフェノンは今の量でいいでしょうか?
よろしくお願いします。


●20年7月26日のお便り

スケアクロウ  大川様

こんにちは。
弁膜症と心肥大のシーズーミックスで、
パンフェノンを飲ませて3ヶ月たちます。

今日、病院でレントゲンを撮りました。

3ヶ月前のレントゲンと比べて、あきらかによくなっていると言われました。
私から見ても、心臓が前より小さくなり(正常よりはまだ大きいです)、
肺のうっ血も減っていました。

大きくなった心臓は小さくならないと聞いていたので、驚きました。

とてもうれしいです。

先生にも、薬(エースワーカーだけです)の他に何かされていますか?と聞かれ、
パンフェノンの事を話しました。

サプリの効果もあると思うのでそのまま続けて下さいと言われました。

パンフェノンを飲ませて本当によかったです。
ありがとうございました。
これからも、継続していきます。

                           
                               

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談シーズーの心臓病(僧帽弁閉鎖不全)にはやはり効果がある!