犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談お薬を止めたら良くなりました!(雑種のビー君、心臓病)

お薬を止めたら良くなりました!(雑種のビー君、心臓病)

●20年9月15日のお便り
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ビー.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お名前; ビーくん


種類; 雑種


オス  14歳   17kg


病名; 心臓病

Q1; パンフェノンを投与された期間はどれくらいですか?
3ヶ月

Q2; 1日あたりどれくらいの量を投与されましたか?
1回の投与量は2粒を1日2回

Q3; パンフェノンと併用されているお薬はありますか?
ない

Q4; パンフェノン投与後のご感想をお聞かせ下さい。

病院の薬を飲んでいた頃は、いつもぐったりして
元気がありませんでした。

又、薬がきれるとひどい咳をしていました。
でも、その薬では治ることもないし、今からどんどん増やしていくので

経済的に難しければやめることも考えてよいと
獣医さんがおっしゃたので、その薬をやめ
パンフェノンにかえたところ

咳もほとんどなく
とても元気で、目がキラキラして
表情がおだやかになりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※ 心臓病は現医療では完治することがないと言われています。

病院から出る薬は
ACE阻害剤(血管を拡張する薬)と
利尿剤が大半です。

ACE阻害剤の安全性は確認されており
非常によいお薬です。
が、
一旦、飲み始めると一生飲み続けなければならない
という、欠点があります。

人間もそうですが、
薬の世話に一生なりたくないのは、わんちゃんも同じだと思っていると
思います。

ビーくんのケースは
獣医さんとの指導により
薬を止めても良いというものであり、

そこでパンフェノンに出会い、良くなったとの
うれしいコメントになりました。

※薬を止めるやめないかは必ず専門家にご相談下さい

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談お薬を止めたら良くなりました!(雑種のビー君、心臓病)