犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談柴犬、白内障でない証明

柴犬、白内障でない証明

柴犬のバッキーくん。
白内障(以前骨髄炎、肝臓患う)椎間板ヘルニア・歩行困難の
13歳からパンフェノンを2年ほど飲んでいるコです。

元気で頑張っています!との
お便りと一緒にご注文書です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パンフェノン白内障体験談.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●20年6月29日のお便り

先日、頂いたパンフェノン顆粒をドライフードに
ふりかけ与えましたが、口に合わないのか食べてくれません。

30包のうち1包だけ開けただけで残ってしまいました。
パンフェノンとエファリンは今まで通りの方法で投与しています。

又、2日前に病院で混合ワクチン注射と検診して頂いたところ
年齢のわりには心臓が丈夫とのことでした。

これもパンフェノンのお陰と思います。

そのうち写真を送ります。
白内障でない証拠として。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談柴犬、白内障でない証明