犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談その3・ヨーキーゆいちゃんの喜び

その3・ヨーキーゆいちゃんの喜び

!cid_000601c82f1b$526d81f0$0600a8c0@youre518e3db6c.jpg
いつもお世話になっております 
ゆいです。

時折体験談として掲載していただき誠に有難うございます。

今回パンフェノンをFAX注文した際に
♂としてしまい何とも恥ずかしい始末です。

私は女性よ!とゆいに叱られそうで、、。
最近では歳相応にお婆さんになってきて 
耳も遠くなったようです。

気になる心臓の方は病院、
パンフェノンのお薬のお陰でステージ3と言われながらも
目だった悪さもありません。

家中を駆け回り 階段も駆け上がっております。
歳を摂り老化するのは私たち人間も同じこと。

日々穏やかに、穏やかに過ごせればと思う一心であります。

動物の医療も進む中 過剰な治療は避けなければといつも思っています。
ただ12歳のゆいには 乳腺の取りきれなかったしこりがあります。

オペのリスクが高いゆいにはきついですね。
どうかこれも悪さをせずに大人しくしてくれる事を祈っております。
これからも愛用させて頂きますので宜しくお願いします。
 
ps、12月、ボーナスセールなんてして頂けると有難いんですが、、。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談その3・ヨーキーゆいちゃんの喜び