犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリアさん(僧帽弁閉鎖不全症)から感動のお便り

キャバリアさん(僧帽弁閉鎖不全症)から感動のお便り

dc101460.jpg

スケアクロウ御中

こんにちは。

私は愛犬(キャバリア3歳オス)に
現在、パンフェノンを飲ませ続けて、1ヶ月がたとうとしています。

実は、一ヶ月前、この子が僧帽弁閉鎖不全症の疑いがある。
と言われました。

ほんとにショックで、再検査まで何か出来ないかと思い、
パンフェノンを注文して早速飲ませました。


今日、再検査に行ってきました。結果は・・

なんと聴診器の時点で、この間より、断然よくなっている。

心雑音は、ほんとうぉ〜によぉ〜く聞かないと聞き逃す程度で、
この様子だと、その他検査や薬はまだ必要ない。との結果でした!!

もう、本当に嬉しくて嬉しくてたまりませんでした!!!!


パンフェノンを飲ませていて本当に良かったです!!
ありがとうございます!!

でも、これから心臓に負担がかかる、
寒い冬がきます。
愛犬の体調管理をキチンとしてあげて、
パンフェノンも引き続き飲ませたいと思っています。

どうもありがとうございました。
これからも 宜しくお願い致します!

○○ ○○子
dc1014102.jpg
私の愛犬、LOLO(ろろ)・オス・3歳の写真を添付したいと思います。
この笑顔がずーーーと続いてくれるように、努力したいと思います。

これからも注文させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリアさん(僧帽弁閉鎖不全症)から感動のお便り