犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ハナちゃんの物語 その7

ハナちゃんの物語 その7

●19年6月28日 12時42分のお便り

大川様、
ご無沙汰しておりました○○です。

前回メールにて色々とご相談させて頂いたあと
犬が両後ろ脚床ズレになりまして、
褥創治療について勉強し毎日世話と
傷の処置に奔走しており
なかなか注文する時間がとれないでいましたが、
本日携帯から注文しましたら
上手くいかなかったみたいなので、
会社PCからパンフェノン一個注文させて頂きました。

受注返信メールは一度しかきていないので
多分大丈夫だと思いますが、
もし受注がダブっていましたら御一報願えますか。

また勝手申し上げてすみませんが
商品の方なるべく早く送って頂けますか。

顔筋も衰えてきているので寝る時目を閉じれない為
結膜炎やらよくなってはいたのですが、

パンフェノンが切れてから角膜損傷が酷く傷が広がってきており、
起きている時でも目を開けづらいみたいで
片目を常に瞑っている状態です。

このまま目が潰れてしまうのではと心配なんです。
どうかなるべく早く発送して頂けますよう
ご配慮の程よろしくお願い致します。
つづく→

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ハナちゃんの物語 その7