犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談雑種・心臓病(僧房弁閉鎖不全症)の呼吸の荒さと血液が劇的にきれいになる!

雑種・心臓病(僧房弁閉鎖不全症)の呼吸の荒さと血液が劇的にきれいになる!

僧房弁閉鎖不全症
心臓病のことですが、
呼吸が荒くなり寝たきりの状態にも時としてなってしまいます。

10歳の男の子・呼吸の荒さと血液の循環が良くなり
元気!元気いっぱい!になって走り回っていますとのお便りです。

パンフェノンがお役に立てて本当に良かったです。
〜〜〜〜〜〜〜〜

●18年9月5日お悩みのお便り

【犬種】
雑種

【ペット年齢】
10

【ペット性別】
メス

【お悩みの内容】

はじめまして。

1週間程前から食欲がなくなり(1日2食が1食ほど)横になっている際、
呼吸が荒くなっていました。

昨日病院で検査(血液検査、レントゲン、エコー)をしてもらいました。
血液検査、レントゲンでは異常はありませんでしたが、
エコーの結果、
僧帽弁閉鎖不全症であると言われました。

とにかくショックで、何も手につかず、何とかできないものかと色々ネットで
検索した結果、ここに辿り着きました。

どこを調べても完治は無いとのことですが、
進行を抑えることはできるのでしょうか?


●18年12月11日のお便り
大川様

こんにちは。
3ヶ月ほど前にパンフェノンを注文しました○○と申します。

その後の経過をお伝えしたく、メール致しました。

ご指示の通り、1日4粒を与えてから3ヶ月経ちました。
呼吸の荒さはパンフェノンを飲み始めて
2週間ほどで治まりました。

しかし病院でエコーを取ると綺麗な血液と汚れた血液が混じっ
ているのが、はっきりと判る状態でした。

それから月に1回ほど病院での診察を受けていますが、2ヶ月
目に診断を受けた際にエコーをとったのですが、
血液が混じっていなかったのです。

こんなことがあるのかと、大変驚きました。

私たち家族全員「パンフェノンのお陰だ!!」と喜んでおりま
す。

現在では、まるで何歳か若返ったかのように元気一杯走り回っ
ています。

今後とも続けて飲用させて頂くつもりです。
本当に本当にありがとうございました。


PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談雑種・心臓病(僧房弁閉鎖不全症)の呼吸の荒さと血液が劇的にきれいになる!