犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリア 僧房弁閉鎖不全症に効いているか・・・

キャバリア 僧房弁閉鎖不全症に効いているか・・・

僧房弁閉鎖不全症・・・・
聞きなれない漢字が続きますが、これは小型犬に多い病気です。

現医療では完治が難しく、一度診断がくだされると
一生お薬の世話にならなくてはなりません。


「犬の僧帽弁閉鎖不全(心臓弁膜症)」

【症状】夜間から明け方に軽い乾いたような咳をします。咳をする間隔が徐々に短くなっていき、ひどくなると呼吸困難をおこし、貧血になって倒れることも。

【原因】加齢にともなって心臓の僧帽弁がきちんと閉まらなくなり、血液が逆流し左心室の内圧が高まり発症します。これにより、肺に負担がかかり肺水腫や呼吸困難になります。
【かかりやすい犬種】マルチーズやヨークシャーテリア、ポメラニアンなど小型犬に多い病気です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お薬との併用なのでパンフェノンの効果なのか?
どうかわかりませんが・・・・とのお便りです。

●18年7月24日お悩みのお便り
キャバリア・キングチャールズスパニエル  女の子 9歳

【お悩みの内容】
最近になり心臓の雑音があった為検査したところ、
僧帽弁閉鎖不全(および心臓肥大)と診断され、
今週末から心臓の内服をスタートする予定です。

パンフェノンはお薬と併用しても大丈夫との事ですが、大丈夫でしょうか?
ちなみに処方される薬はファルプリル5mgを一日一回から始めるというもので
す。

それから一日に与えるパンフェノンの投与量も知りたいです。


●8月28日のお便り
2回目の注文です。
現在、僧房弁閉鎖不全症の治療中のキャバリア♀(9歳)に飲ませています。

心臓の薬を病院で処方し始めたばかりなので
パンフェノンとどちらが効いているのか判断しにくいところですが
以前より調子良さそうですので続けて様子を見たいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パンフェノンはお薬との併用には全くの問題はありません。
むしろお薬の利きをよくしたり
薬物中毒(肝機能障害)などにならないように細胞を保護する役割をします。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談キャバリア 僧房弁閉鎖不全症に効いているか・・・