犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ポメラニアン 皮膚病での投与量は?

ポメラニアン 皮膚病での投与量は?

7月のはじめからパンフェノンをお飲み頂いている
ポメラニアン チャチャさんから投与量の質問が届きました。
~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

11歳 体重7キロ アレルギー

パンフェノン2粒飲ませていたのですがいまいちなので現在3粒
飲ませています。状態は良くなっていますがまだ、少しかさぶたができます。

きれいにとっては、しっしん皮膚炎のくすり、オイラックス(人間用)をつけてあげています。
もうしばらくパンフェノンを続けて飲ませて様子を見たいと思っています。
体重7キロで3粒は多すぎますか?(1ヶ月分です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜わたくしどもより〜

現在の状態をお聞きいたしますと
まず、朝2粒夜2粒の計4粒が適応かと存じます。

特に夜はお忘れにならないようにして下さい。
これは、夜、就寝中は免疫が下がる傾向がありますので
体の細胞を保護する意味がございます。

医薬品のように即効的な効果を求めるのではなく、ゆっくりじっくりした治療を目指しますので3ヶ月は頑張って見てください。

また、状況をお聞かせください。
暑い夏が続きますが
どうぞ、お大事にされて下さい。

※投与のはじめが肝心です。体質があった場合はちょっと多めかもしれない・・・
  その量からはじめてください!

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://scarecrow.s183.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/185

皆様からのご意見・ご感想

コメントをお寄せください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ポメラニアン 皮膚病での投与量は?