犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談亡くなったときのお便り・・・・

亡くなったときのお便り・・・・

ルクnakunaru.jpg
ペット倶楽部6月号にも登場頂いたルクくんがお亡くなりになりました・・・
なんとも言えない想いがこみ上げてきます。

ルクくん安らかに・・・
飼い主さんからパンフェノンへの
感謝のお便りを頂きましたのでご紹介致します。

※飼い主さんみずからの感動日記はこちら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8月6日、午後二時半
ルークが逝きました。

やはり暑さに耐え切れなかったようです。
最後迄、パンフェノンのおかげで
辛さが軽減され、元気がありました。

ただ、尿が出なくなり、食事も取らなくなってしまい、
病院で注射を打ってもらいました。
その明け方、急に吐き気がとまらなくなり
結局その日の午後に、亡くなりました。

午前に連れていった時
入院して処置を行うといわれ、
午後に、様子を見に行きました。
病院に着いた時、容態が急変していました。

不思議な事がありました。
病院に向かう途中、ルクが助手席に見えた気が
しました。
元気な頃のように。
嬉しそうに、「まゆと一緒に、ドライブ」
と。

午前連れて行った時、もう殆ど歩けなかったので
元気な頃とき違う、後部座席でした。
ルクは「前じゃないの?」
という顔をしましたが
アイスノンを引き、涼しくゆったり
座れる後部に納得していたと思います。

でもきっと、元気のなくなった自分が
悲しかったんでしょうね。

ルクの幻は、助手席に座れる事を、誇らしそうに
して、見えたんです。

蘇生処置をされている間、その事を思い出しました。
元気なルクが助手席にいる。
あれ?
と思ったこと。

そして、霊が体から出てしまうと、
体の方の容態が悪くなる、というのを
聞いた気がしました。

私の助手席に、体から抜けて、来たんだ。
ふ、と、そう思いました。

元気な、誇らしげで嬉しそうなルクの幻に
もう、死にかけて、辛い体に戻って欲しい
とは思いませんでした。

先生に呼ばれ、呼吸が、止まった事。
それでも心臓だけは、脈打っている事。

腹水が、見る見る間にたまり、処置が追いつかないこと
を聞きました。
蘇生は、終わらせました。

「よく頑張ったね」
私の中で、とてもとても悲しかったけど
納得が行きました。

五月に、死んでいるはずでした。
今までの間、少しずつ、弱ってはいましたが
それでもパンフェノンのおかげで
どれだけの苦しさから、守られたでしょう。

人間不信なルクは、でもこの三ケ月の間
ずっと私と一緒で
私の愛情を、感じ、信じてくれたようでした。
一日、四回から五回のパンフェノンタイム。

いつも様子を見ては、量を調節してきました。

お陰で、ずっとルクと、過ごす事が出来ました。
弱っては来ていたけど
でも、この三ケ月、存分に看病出来
幸せな時間でした。

この三ケ月は、宝物のような三ケ月です。
五月に亡くなっていたら
私は辛くて、やりきれなかったでしょう。

私になついていても、愛情を信じ切れなかったルクに
愛情をいっぱい、示す事が出来ました。

体を預け、甘えるルクが、可愛くて仕方ありませんでした。

ルクにとっては、苦しかったのかもしれません。
でも、最後の日以外、歩く事が、出来ました。

重病犬とは思えないくらい、表情が美しかったです。

私とルクにとっての、宝物のような三ケ月を
どうも、ありがとうございました。

パンフェノンに出会えなかったら
やつれたルクに、早く逝かせてあげなくては
と、思った事でしょう。

もっと早くにこのサプリに出会えていたら、
と、思わずにはいられません。

どうか、もっと広まって
手遅れになる前に、このサプリに出会える
ワンちゃん、猫ちゃんが
増えますように。
と、祈らずにはいられません。

本当に幸せな時間でした。
大川さん、ありがとうございました。

菅原ルク

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談亡くなったときのお便り・・・・