犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談豆柴アトピー性皮膚炎〜早くお散歩にいきたいな〜

豆柴アトピー性皮膚炎〜早くお散歩にいきたいな〜

パンフェノンをお飲み頂きFAXで体験談をお寄せ頂きました。

今日は元気になった柴犬ももたろう君からのお便りです。
ブログ 001.jpg
●ワンちゃんのお名前; ももたろう

●種類;豆柴

●男の子、2歳

●体重 6、8

●病名;アトピー性皮膚炎

●パンフェノンを投与された期間
2ヶ月

●1日当たりの投与量
1日2回の2粒ずつ

●パンフェノンと併用されたお薬
ポララミン、グリチロン、プレトニゾロン、眼軟膏、ひどいときは抗生物質も。

●パンフェノン投与後のご感想
昨年の6月頃から突然に起こりました。年間を通じてお薬を飲ませており、お薬の副作用が心配で何かこの子に合うサプリメントはないものかと、色々と試して現在に至っております。
パンフェノンを投与して2ヶ月になり、脇腹の毛が少しずつ生えてきてお薬の投与間隔も延びております。まだお散歩に行けず毎日、外を眺める日々を送っておりますが、ゆっくり時間を掛けて治してあげたいと思っております。

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談豆柴アトピー性皮膚炎〜早くお散歩にいきたいな〜