犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ペキニーズ 椎間板ヘルニア、アレルギー性皮膚炎改善されました!(獣医師より)

ペキニーズ 椎間板ヘルニア、アレルギー性皮膚炎改善されました!(獣医師より)

女性の優しい治療で評判の、札幌の表参道ペットクリニック 島崎 博美先生よりパンフェノンの臨床データが届きましたのでお知らせ致します。
パンフェノンS.bmp
※パンフェノンSは獣医師専用品で
通信販売用のパンフェノンより有効成分を多く含みます。

●ペキニーズ オス 4歳 5、0

2002年4月に椎間板ヘルニアによる後ろ足の麻痺で来院しました。
その時は、内科的な治療に加えて、鍼、レーザーなど1ヶ月で改善しましたが、
2004年11月に同じく後ろ足の麻痺でやってきました。
今度はかわいそうなことに、同様の処置で一時的には改善したのですが、呼吸困難はあり落ち着いて座っていられないは、便秘、軟便を繰り返すなどの症状がありました。
そこで、お薬とパンフェノンSを1日朝夕1粒ずつあたえたところ、呼吸器、消化器の症状は改善されました。今は腰の調子も良好です。

●フレンチブルドック オス 3歳 14、7

アレルギー性皮膚炎のコで1歳半ごろから、両脇、両内股、パッドの間の発赤が見られました。
食事は低アレルゲンのもの、抗生物質、ステロイドなどで治療しましたが、改善までは至りませんでした。
2004年11月に、ジンマシンのようなものが全身に現れ、お薬、ステロイド等を投与するのに加えパンフェノンSを1日朝夕1粒与えたところ明らかに改善がみられました。
ジンマシンのようなものが治まった後もパンフェノンSの投与を続けていますが、以前よりステロイドの投与間隔が拡がっているようです。

表参道ペットクリニック
http://a-wholly.com
北海道札幌市中央区北2条西17丁目
TEL 011-642-1001

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パンフェノンについて

パンフェノンご注文フォーム

panfenon2.gif

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ペットのしつけから健康情報など満載!
東京、神奈川などの首都圏
広島、岡山などの山陰地方に人気の情報誌です。
毎月先着50名様に無料進呈しています。
bz_bana1.jpg

PR↓
犬の病気にはお薬だけでなくパンフェノンも!

written by webmaster

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://scarecrow.s183.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/3

皆様からのご意見・ご感想

コメントをお寄せください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

犬の心臓病・アレルギーを考える / 2.感動の体験談ペキニーズ 椎間板ヘルニア、アレルギー性皮膚炎改善されました!(獣医師より)